代表からの ごあいさつ

   

  山本 聡

箱根甘酒茶屋十三代目店主

 昨年、早春の3月から初冬10月まで1ヶ月に一夜、ランプや菜種油の灯の中でコンサートを開催させていただきました。

この「箱根八夜」開催のきっかけは何気ないお客さまの一言でした。それも小学校低学年らしき男の子。「お母さん、見て、ここに本当の火があるよ!!」
 そうです。その男の子は実際の炎は見たことがなく、火のそばでお母さまと炎の暖かさを感じていらっしゃいました。

 私自身、普段の生活を考え直してみると、節電・節水などあまり気にしておらず、この明るすぎる生活に身を投じておりました。

 甘酒茶屋もおかげさまで創業400年余り。実際電気が使用出来るようになったのは昭和30年後半。オリンピック前のことでした。昨年度の「箱根八夜」イベントで、ランプを使用し、ランプの掃除の仕方など父に尋ね、昔の生活を垣間見ることができました。

 このイベントを通じ、お越し下さったお客さまに普段にない昔の生活にタイムスリップして頂き、暗い中に灯をともし、その少ない灯の周りに皆で集い、会話をし、そして季節の食材にこだやわった家庭料理を楽しんで頂きたいと思っております。

文/山本 聡(箱根甘酒茶屋十三代目店主)

 

 箱根甘酒茶屋公式HPこちら

 

スマートフォンの方は画面下『パソコン版で表示』のクリックを!

『箱根八夜』とは……

『箱根八夜(はちや)』は、畑宿の箱根甘酒茶屋が主催する『箱根らしい夜の音楽イベント』です。話の起こりは甘酒茶屋十三代目店主山本聡氏の『夏の節電運動』から始まります。アースアワーなどの世界的なエコ活動の高まりの中で、夜は完全に電気を消し油の灯りのもとで過ごすことで、昔ながらの箱根の夜を満喫していただくというものでした。そんな中、箱根の各所で音楽イベントを企画していたハーモニカ奏者の広瀬哲哉との出会いがあり、2014年3月から10月まで一ヶ月に一回づつの計八夜、油の灯りで楽しむコンサートを中心とした総合イベントとして開催され『箱根八里』を文字って『箱根八夜』と名付けられました。またこのイベントの収益を『石畳の保全活動』への寄付とすることなど公的な意義への賛同とし、様々な公的機関や企業のご協力を得て継続化の運びとなり、2016年で3年目となりました。

『箱根八夜2016』全五夜が終了いたしました

 

箱根八夜2016にご来場のみなさまありがとうございました。

おかげさまを持ちまして、ご飲食、CD等の販売の利益を、箱根町教育委員会を通じ『石畳保全活動への寄付』とさせていただくことができました。誠にありがとうございます。

また、みなさまにお会いできる日を、関係者一同、楽しみにしております。

 

箱根甘酒茶屋十三代目店主 山本 聡

箱根八夜実行委員会代表  広瀬哲哉

2016年12月29日(木) 

 

10月23日 箱根八夜の千秋楽 第五夜が開催されました。ゲスト奏者は第二夜に続きボーカル・ウクレレ・オカリナの三役をこなす大岡枝里さん(Eli Koi)、そして第四夜に続きジャズギタリストの中村アキラさんがそれぞれ登場されました。後半は箱根甘酒茶屋が舞台となるご当地演劇『神崎与五郎 東下りの詫証文』を特別上演。十三代目店主山本 聡さんとご子息との親子共演や関所で人力車を引く現役車夫 高梨五十六さんが現代の丑五郎として登場で、会場は大いに盛り上がり盛大な千秋楽となりました。

2016年版のポスター