代表からの ごあいさつ

   

  山本 聡

箱根甘酒茶屋十三代目店主

 昨年、早春の3月から初冬10月まで1ヶ月に一夜、ランプや菜種油の灯の中でコンサートを開催させていただきました。

この「箱根八夜」開催のきっかけは何気ないお客さまの一言でした。それも小学校低学年らしき男の子。「お母さん、見て、ここに本当の火があるよ!!」
 そうです。その男の子は実際の炎は見たことがなく、火のそばでお母さまと炎の暖かさを感じていらっしゃいました。

 私自身、普段の生活を考え直してみると、節電・節水などあまり気にしておらず、この明るすぎる生活に身を投じておりました。

 甘酒茶屋もおかげさまで創業400年余り。実際電気が使用出来るようになったのは昭和30年後半。オリンピック前のことでした。昨年度の「箱根八夜」イベントで、ランプを使用し、ランプの掃除の仕方など父に尋ね、昔の生活を垣間見ることができました。

 このイベントを通じ、お越し下さったお客さまに普段にない昔の生活にタイムスリップして頂き、暗い中に灯をともし、その少ない灯の周りに皆で集い、会話をし、そして季節の食材にこだやわった家庭料理を楽しんで頂きたいと思っております。

文/山本 聡(箱根甘酒茶屋十三代目店主)

 

 箱根甘酒茶屋公式HPこちら

 

カウンターテナー歌手 米良美一さんのご出演

 箱根甘酒茶屋劇場『箱根八夜』第七夜にて、サプライズゲストとして世界的に評価されているカウンターテナー歌手の米良美一さんがご来場され、箱根にゆかりのある曲を始め歌の数々を披露して下さいました。

 米良さんはプライベートで箱根に足を運ばれることが多いそうです。箱根甘酒茶屋店主の山本聡さんともともと親交があったところに、NHK-BS放送での『箱根八夜(第三夜)』紹介を知り、日本の曲や灯りを大切にして行こうという私達の方針や、イベント収益の『石畳保全事業』寄付などに賛同され、協力の申し出をいただきました。

 この驚きの展開を受け、イベントの中半に急遽設けられた特別コーナーにて、山本聡さんご一家、ハーモニカ奏者の広瀬哲哉、シンガーソングライターの井口克彦らも客席に混じり、灯火に照らされた米良美一さんの歌の世界によって、極上の時間を味わう事になりました。

(米良美一さんの登場される場面での映像資料は公開しておりませんのでご了承下さいませ)                文/箱根八夜実行委員会