代表からの ごあいさつ

   

  山本 聡

箱根甘酒茶屋十三代目店主

 昨年、早春の3月から初冬10月まで1ヶ月に一夜、ランプや菜種油の灯の中でコンサートを開催させていただきました。

この「箱根八夜」開催のきっかけは何気ないお客さまの一言でした。それも小学校低学年らしき男の子。「お母さん、見て、ここに本当の火があるよ!!」
 そうです。その男の子は実際の炎は見たことがなく、火のそばでお母さまと炎の暖かさを感じていらっしゃいました。

 私自身、普段の生活を考え直してみると、節電・節水などあまり気にしておらず、この明るすぎる生活に身を投じておりました。

 甘酒茶屋もおかげさまで創業400年余り。実際電気が使用出来るようになったのは昭和30年後半。オリンピック前のことでした。昨年度の「箱根八夜」イベントで、ランプを使用し、ランプの掃除の仕方など父に尋ね、昔の生活を垣間見ることができました。

 このイベントを通じ、お越し下さったお客さまに普段にない昔の生活にタイムスリップして頂き、暗い中に灯をともし、その少ない灯の周りに皆で集い、会話をし、そして季節の食材にこだやわった家庭料理を楽しんで頂きたいと思っております。

文/山本 聡(箱根甘酒茶屋十三代目店主)

 

 箱根甘酒茶屋公式HPこちら

 

箱根八夜アレンジのハーモニカ童謡唱歌CD

2016年ハーモニカ奏者の広瀬哲哉と八夜のゲストギタリスト中村アキラとで、八夜で演奏されてきたオリジナルアレンジの童謡唱歌を中心としたアルバムを制作しました。ダウンロード販売もされています。(会場にて発売)

童謡唱歌曲集

『ハーモニカ花鳥風月』

14曲入り2000円(税別)

1ずいずいずっころばしートリップバージョンー

2早春賦ーミュゼットアレンジー

3さくらさくらー旅立ちバージョンー

4荒城の月ー時代劇バージョンー

5茶摘みーカントリーアレンジー

6かごめかごめー神隠しバージョンー

7ななつのこーデュエットバージョンー

8とおりゃんせーレゲエアレンジー

9ほたるこいー須雲川バージョンー

10東京音頭ー酔いどれバージョンー

11炭坑節ーサンバアレンジー

12シャボン玉ー雨上がりバージョンー

13浜辺の歌ー湘南バージョンー

14箱根八里ージャズアレンジー

”おさるのかごや”収録CD『呼吸する箱根』

2013年ハーモニカ奏者の広瀬哲哉が中心となり箱根をテーマにしたオリジナル曲など7曲を収録したコンピレーションアルバムを制作しました。このアルバムの『おさるのかごやレゲエバージョン』は『エッサホイ』の掛け声とともに箱根八夜のトレードマークとなっております。(会場にて販売)

”和”のブルースハープミニアルバム

『呼吸する箱根』

1 箱根八里ー石畳バージョンー

2 のぼれ!登山電車

3 おさるのかごやーessa-hoiー

4 ふたりの箱根ー赤い電車でー

5 呼吸する庭(ハーモニカ&野鳥コラボ)

6 Hakone8mode

7 よみがえるこの想い

税込 1000円

通信販売 広瀬哲哉HP 10holeharmonica.com にて